« 今週の散財 | トップページ | キャシャーンSins 第13話 »

2008年12月24日 (水)

ケータイ捜査官7 第35話

episode:「ねらわれたサード」

■アバン
今週のダイジェスト。

■セシル
日本で行われる軍事機密の取引を阻止するためにやってきたフランスのエージェント。

非常にプロ意識が高く、実力行使も厭わない女性。

だが、息子をAIロボットに殺されたと思い込んでいるので、武器商人の手先としてフォンブレイバーを盗み出そうとしていた。

■自動翻訳機
みんなフランス語がわからないために自動翻訳機で会話する事になるが、この翻訳機が非常に優れている。感情込めた台詞回しが可能。(^_^;)

■結局
秘密がバレるのを恐れた武器商人がセシルを射殺してしまったので、今回の事件は未解決のまま。

■次回予告
次回のテーマは食べる?

|

« 今週の散財 | トップページ | キャシャーンSins 第13話 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の散財 | トップページ | キャシャーンSins 第13話 »