« ソウルイーター 第1話 | トップページ | マクロスF #02 »

2008年4月10日 (木)

ケータイ捜査官7 第2話

episode:「黒いケータイ」

■アバン
先週のあらすじ。

■研修生
ケイタはアンカーのメンバーになったが、研修生扱いのようだ。

セブンはなんとかケイタを一人前にしよう言う意志があるようだが、見下し目線なのはそういう風に性格付けされているからなんですな。(^_^;)

■桐原とサード
横柄な桐原と超低姿勢なサード。侑斗とデネブみたいなもんか。(^_^;)

■研修
ケイタは学校をサボってアンカーで研修。

■ブーストフォンシーカー
逆関節の2足歩行カメラ携帯。

着信することで索敵能力があがるが、自動的に合体できないので、セブンが自力で装着するが、セブンも正確に装着順序を覚えていない。(^_^;)

決めポーズはケイタには不評。(^_^;)

相当動きにくいようで、転けやすい。01に一部を破壊されただけで、すぐにパージした。(^_^;)

■01
セブンを誘き出すためにわざと電波を出していた01。

01用のブーストフォンは戦闘用? 何故かプロトタイプは強力な武器を持っているというパターンですな。(^_^;)

■ヤルジャン
ケイタに窮地を救われたセブンはケイタの言い方に合わせて「ヤルジャン」といったが、使いタイミングや心配りが不十分のようだ。(^_^;)

■次回予告
第2のブーストフォン。

|

« ソウルイーター 第1話 | トップページ | マクロスF #02 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソウルイーター 第1話 | トップページ | マクロスF #02 »